黙っているのが得策と解っていながら、口を開かずにはいられない愚者の日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
20160401「金魚。」
2017-01-03 Tue 18:40
本日は『蜜のあわれ』を観てまいりました。

『性=生』なのかな、と問いながらずっと映画を観ていました。
繁殖能力が低下した者は自己肯定感も下がってしまうんだろうか。(この前観た『赤い玉、』でも主人公がだいぶ葛藤していたし。)

以前、農学部の先生が「繁殖できなくなった動物は死んだほうがいい」と仰っていたけど、人間社会ではそう簡単に片付けられないよ…。確かに生物は遺伝子の乗り物で、増殖ゲームの駒に過ぎないのかもしれないけど、増殖ゲームの直接的戦力にならなかったらすぐ排除されないといけないのかな。ほんとにそれだけの存在なのかな、生物って。

それと最近思うのは、この国は「繁殖終わって、勤労もできない人間はとっとと消えてよ」って思ってるんじゃないかなぁ。年金制度改革とか見てるとそう思ってしまう。

ではでは。


本日の音楽:高橋幸宏/四月の魚
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
<<20160402「金髪くんと眼鏡くん。」 | 沈黙は金、雄弁は銀。 | 20160326「風とマシュマロの国。」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 沈黙は金、雄弁は銀。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。