黙っているのが得策と解っていながら、口を開かずにはいられない愚者の日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
20141107「博士ver.とホームページに書いてありました。」
2014-11-11 Tue 22:17
本日は『ナショナル・シアター・ライヴ』の『フランケンシュタイン【A】』を観てまいりました。
イギリスのロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台を映画館で鑑賞できるという、ありがたい作品です。舞台装置が非常に凝っており、また撮影カメラが舞台の真上にも設置してあって観客からは見えない視点で鑑賞できるのも面白かったです。

『フランケンシュタイン【A】』と明記してある云う事は、実は【B】もありまして。
【A】はフランケンシュタイン博士役をベネディクト・カンバーバッチが、怪物役をジョニー・リー・ミラーが演じており、【B】は配役が交代します。
ちなみに【B】は来週上映予定。勿論観るよ!ベネさんの怪物楽しみ!(*´Д`)ハァハァ

で、作品の感想。
フランケンシュタインと云えば、モノクロの映画をうすぼんやり思い出す程度の知識しか無くて。
小説の原作があるとは知らなかったなー。しかも怪物に高い知能と知性があるとは。
怪物が地動説を知っていることに驚愕した博士に「常識だ」と言い放つシーン、もしかして地動説を知らなかったSherlockネタにも繋がってるのかな。観客からも笑いが起きてたし。

途中少し居眠りしてしまったので、来週の【B】も観てストーリーを再度確認します。
ではでは。


本日の晩ごはん:レバニラ炒め。
 最近眩暈がするので意図的にレバーを摂取。
スポンサーサイト
別窓 | 映画 | コメント:0 | トラックバック:0
<<20141115「クリーチャーver.とホームページに書いてありました。」 | 沈黙は金、雄弁は銀。 | 20141101「YSL → Cuban Fury。」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 沈黙は金、雄弁は銀。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。